201403060541


なぜ花澤香菜の声は人を惹きつけるのか?
日本音響研究所が分析!


続いて、なぜこれだけ花澤香菜の声が人を惹きつけるのか、日本音響研究所の鈴木 創氏による分析の結果が発表された。

201403060540

ハイレゾ音源の配信にあたり、花澤香菜の声を分析
まずは、雑踏の中でも聴き取りやすい、3,000Hz程度の音域が出ている点。

これは腹式呼吸など、しっかりとした基礎ができている証拠とのことだ。

そしてその基礎に支えられつつも、
韻と音韻の繋ぎに幼い部分が残っている点。

子音の成分が強く出ている点。更にメリハリの効いた豊かな表現力による発声といった要素が総合的に絡み合って、癒やしを感じさせる可愛らしい声になっているという。


ここで考えられるのは、この要素は情報量の多いハイレゾ音源なら、より詳細に感じられるのでは、ということ。再度、試聴の時間が取られる。今度は時間の許す限り試聴を行えるので、これまでの解説を踏まえてじっくり聴き込んでみた。ポイントを意識して聴くと、編集部の耳にもその違いは明瞭に感じとれるものだった。

http://www.phileweb.com/news/audio/201402/24/14198.html

モテ声カフェに聞く 最も異性がキュンとくる声を出す方法

耳への入りやすさ(耳に入りやすい周波数)
 
「人間の耳は、3,000Hzを中心とした周波数帯の音に対して敏感に反応します。この域の周波数が出ていれば、声の音量が小さくても聞こえやすくなります。声のボリュームは小さいのに、なぜか声がよく通るという人は、3,000Hz周辺の周波数が出ている可能性が高いですね。こうした声を出すには、腹式呼吸で発声するといいでしょう」 

 

ざーさんの囁きぽくても通る声は3,000Hz周辺の周波数が出ているからだったのか

科学的に根拠があったのだな!

あの声はヘッドフォンとかで聞くと耳が幸せになる

最近、歌もズコーって言われなくなってきたよね!