yurikuma

現在、月刊コミックバーズ(幻冬舎コミックス)にて連載中「ユリ熊嵐」のアニメ化が決定
公式サイトがオープンした

監督は「輪るピングドラム」「少女革命ウテナ」の「幾原邦彦」
 

以前から公開されており20日より謎のカウントダウンが行われていた「PENGUINBEAR Project」の正体が明らかとなった

アニメーション制作は現在「六畳間の侵略者!?」「プリズマ☆イリヤ ツヴァイ」、秋より「ガールフレンド(仮)」を手がける「SILVER LINK.」

キャラクター原案に森島明子、キャラクターデザイン「住本悦子」 放送時期やキャストなどは不明




「ユリ熊嵐」TVアニメ化決定!本日ティザーサイトOPENしました! yurikuma.jp #yurikuma



「ユリ熊嵐」は「月刊コミックバーズ」にて連載中です!(原作:イクニゴマキナコ/作画:森島明子)8月30日発売号は「ユリ熊嵐」が表紙!! gentosha-comics.net/birz/ #yurikuma

7728cf2f




【「ユリ熊嵐」TVアニメスタッフ】監督:幾原邦彦 キャラクター原案:森島明子 キャラクターデザイン:住本悦子 アニメーション制作:SILVER LINK. #yurikuma

ストーリー
椿輝紅羽は、クラスで存在感のない「透明な女子高生」。そんな彼女に唯一話しかけてくれるのは、最近転校してきたばかりの美少女・百合城銀子。しかし紅羽は、転校して来た時から銀子に対してある違和感を覚えていた。その違和感とは、銀子が本当は人間ではなく熊なのではないか、というもので...!?

ユリ熊嵐:作品・シリーズ | 幻冬舎コミックス GENTOSHA COMICS 
※コミック1話の試し読みあるで


ピングドラムではイクニチャウダーって名前だったけど、ユリ熊嵐ではイクニゴマモナカ… どんな基準なんだw



ピングドラムがかなり不平等感溢れる価値観だったから、ユリ熊嵐を楽しみにしていていいものなのか判断しかねる……



『ユリ熊嵐』1話試し読みしたらいきなり「透明な存在」とか…ピンドラもだけど、いまさら90年代かよみたいなテーマ持ってくるのは、わざとだろうけど、なんでだろう  おっさんホイホイなのかな



幾原監督の新作は、漫画のアニメ化だったのか。ユリ熊嵐って知らないんだけど、当然ピンドラとはまったく関係ないんだよね。ちょっとがっかりだけど、監督の作品にはずれはないのでこれはこれで期待してる。



でもピングベアプロジェクトのソース表示して見てみると幾原さんの名前と輪るピングドラムとユリ熊嵐ってかいてあるんだよね…………やっぱピングドラム関係あるのかなー



ユリ熊嵐楽しみだな〜一話しかよんでないけど。元ネタ?通りグロい話だといいな〜〜〜



ユリ熊嵐、監督やスタッフさんがすごすぎて緊張してますが、自分なりにできることを精一杯続けていきたいです。高河さんも南方さんもどうかお体には気をつけて、後も頑張ってください。これからもリドルの応援を続けさせていただきます♪



ピングベアプロジェクト、ユリ熊嵐って作品なのね



『ユリ熊嵐』どんなアニメになるだろう。SILVER LINKは力の入れどころ抜きどころわかってるからクオリティには期待。でも一番気になるのは「ピングベアプロジェクト」ってワード。『輪るピングドラム』と関係あるのかとか、アニメ以外の展開がどうなっていくのかとか。 #yurikuma



ユリ熊嵐…ワムウの必殺技かな?



ピングベアプロジェクトはやっぱりユリ熊嵐だったか
コミックの試し読み見たけど不思議世界観だった 熊と嵐と百合…
女の子可愛かったしゆりゆりしてたから楽しみにしよう…



月刊コミックバーズ 2014年9月号
月刊コミックバーズ 2014年9月号
コミック BIRZ (バーズ) 2014年 10月号 [雑誌]
コミック BIRZ (バーズ) 2014年 10月号 [雑誌]