800c9112

1:名無しさん:2015/01/07(水) 18:35:37.31

7caef649

なんだこれ


なんだこれ

2:名無しさん:2015/01/07(水) 18:36:11.47

見てないけどおもろい?

7:名無しさん:2015/01/07(水) 18:37:23.09

>>2
よくわからなかった

3:名無しさん:2015/01/07(水) 18:36:31.60

酔っ払って見てたから内容がよく分からなかった
説明してくれ

7:名無しさん:2015/01/07(水) 18:37:23.09

>>3
酔ってないのによくわからなかった

4:名無しさん:2015/01/07(水) 18:36:42.06

考えたら負けだろアレ

9:名無しさん:2015/01/07(水) 18:38:08.08

ピングドラムよりは理解できる

112:名無しさん:2015/01/07(水) 20:26:37.83

>>9
ピングドラムだけは未だに理解不能

10:名無しさん:2015/01/07(水) 18:38:17.43

b2e3070e

OPくせになる

11:名無しさん:2015/01/07(水) 18:38:51.48

確かに癖になる

110:名無しさん:2015/01/07(水) 20:22:38.37

可愛かったなぁOPの熊コス

12:名無しさん:2015/01/07(水) 18:38:57.62

透明な嵐が何かはなんとなく察しつくやろ
百合ちょん切る手があったわけだし

17:名無しさん:2015/01/07(水) 18:40:31.57

キャラ可愛いから気になったらコミックだけ読んでみ
若干電波入ってるだけで普通の百合もの
アニメとは全く別物だから

47452855

ユリ熊嵐 1話試し読み 

24:名無しさん:2015/01/07(水) 18:41:58.10

>>17
どの程度の百合なの?

67:名無しさん:2015/01/07(水) 18:54:37.25

>>24
クマの女の子二人のキスはある
お風呂入ったり一緒に寝たりはあるけどそれ以上はない

クマ少女がガチで主人公に惚れてて主人公を狙ってる男に
「自分を好きにしていいから主人公に手を出すな」
みたいなドロッとした話もあるしノンケとガチのせめぎ合いみたいなのも好きな人にはいいかも

71:名無しさん:2015/01/07(水) 18:56:33.97

>>67
メガネはガチで死んだの?

87:名無しさん:2015/01/07(水) 19:03:30.10

>>71
そもそもメガネはいなくて主人公とクマ少女×2の3人で話が進む
クマ少女ってのも別に本当にクマじゃなくて
主人公がクマ少女に襲われるみたいな夢を見たらそれとそっくりな女の子が転校してきましたって話
今のところ誰か死んだり食われたりなんて話は出てこない

41:名無しさん:2015/01/07(水) 18:47:59.30

レンガぶち当たって誰か死ぬかと焦った

47:名無しさん:2015/01/07(水) 18:49:56.97

どうしようこのスレだけじゃ何も分からん

75c76818

49:名無しさん:2015/01/07(水) 18:50:00.48

とりあえず熊にどんな意味があるのか、つうのと
百合裁判が意味不明すぎる

54:名無しさん:2015/01/07(水) 18:51:15.32

まあ様子見ですね

62:名無しさん:2015/01/07(水) 18:53:33.55

ピングドラムをかけらも理解できなかったけど楽しめるかな

65:名無しさん:2015/01/07(水) 18:54:17.63

>>62
それは無理だと思う
イクニ作品ってウテナからの固定客相手に商売してるみたいなところあるし

64:名無しさん:2015/01/07(水) 18:54:14.51

ここまで何だこれって感想しか聞かねーんだが一体どんなアニメだよ……

115:名無しさん:2015/01/07(水) 20:31:15.82

ピンドラはよくわからんかった
これはまだわかりやすそう

117:名無しさん:2015/01/07(水) 20:33:24.41

ピンドラは愛情と生きることの罪とかそんな感じ

123:名無しさん:2015/01/07(水) 20:37:25.31

設定はよくわからんけど
雰囲気は悪くないね
もうちょっと様子みたい

124:名無しさん:2015/01/07(水) 20:42:53.40

こっちはマイノリティとマジョリティとの戦いかなと思ったけどどうなんかね
幾原作品は毎回罪と罰のテーマが入ってくるけど

125:名無しさん:2015/01/07(水) 20:45:23.88

裁判中の壁を用意したのが熊側みたいな言い回しは気になった

128:名無しさん:2015/01/07(水) 20:50:40.01

>>125
そりゃあ、クマの自意識の壁だからじゃないのか
ユリ裁判も、クマの心の葛藤みたいなもんだと思うよ

129:名無しさん:2015/01/07(水) 20:52:32.14

人間に肩入れしすぎと言われてたぐらいだしね

132:名無しさん:2015/01/07(水) 20:55:28.53

作中で壁を製造したのは熊に襲われた人間側だけど熊が言ってるのは実際の壁とは違う精神的な壁のことってことかな

75:名無しさん:2015/01/07(水) 18:58:20.89

今までのパターン的にリアルタイムで視聴続けると何が何の暗喩になってるか確証得られるまで時間かかるから完結してから一気見した方がいい気もする

80:名無しさん:2015/01/07(水) 19:00:00.21

>>75
その話し合いをする楽しみもあるでしょうよ

89:名無しさん:2015/01/07(水) 19:03:35.69

最終的にこのよく分からん感じが氷解するならすごいけど
期待していいのか

93:名無しさん:2015/01/07(水) 19:07:28.88

>>89
明示はされないけど自分で咀嚼出来る程度には作中で情報出してくれると思う

96:名無しさん:2015/01/07(水) 19:15:46.47

まだ見てないが、お前らの感想で楽しみになった

105:名無しさん:2015/01/07(水) 20:04:29.00

Qどうだった?
A幾原だった

139:名無しさん:2015/01/07(水) 21:29:04.18

アバンで誰が監督かすぐ分かった

幾原邦彦

独特の止め絵、バンクのトリッキーな使い方・ギャグ演出・演劇の手法を模した映像表現に定評がある。

職業監督としては「セル画の枚数・作画の力に頼らずに面白い物を作る」ことをポリシーとしている。

佐藤順一は「シナリオが直せないなら直せないなりの、作画が期待できないなら期待できないなりの、制作現場に対応した絵コンテを描ける人」と評価している。

構成作家としてはハッタリ・ケレン・メタファー・メタフィクションを多用し、現実世界における物理法則や外的必然性ではなく、作品世界における内的必然性に従って描こうとする傾向がある。

それ故、意図の読み難い演出・現実と時系列順にはありえない不自然な展開が多い。

これは、「リアリズムよりも抽象化された画面の方がテーマが伝わる」、「シリアスな出来事を、ありのままに描くのはつまらない」という方向性に基づくものである。

難解な作風は意識的ではなく、「自分が見ていて良いと思うものにカメラを向け、ピュアでいようとしたら自然にそうなった」「描写の対象には、普段みんながわかっているのに語らない部分、見て見ぬふりをするものを選んでいる」と語る。

作品の登場人物の名前に、ある程度の縛りを設ける事が多い。

1997年 『少女革命ウテナ』(原案、監督、OP.1話絵コンテ、35話作画修正(HDリマスター盤)

2011年 『輪るピングドラム』(原案、監督、シリーズ構成・脚本、音響監督、OP1絵コンテ・演出、OP2.1.5.11.12.13.14.15.16.17.21.22.23.24話絵コンテ、24話演出)

2015年 『ユリ熊嵐』(監督、シリーズ構成、音響監督)

wikipedia
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1420623337

TVアニメ「 ユリ熊嵐 」オープニングテーマ「 あの森で待ってる 」
TVアニメ「 ユリ熊嵐 」オープニングテーマ「 あの森で待ってる 」
ユリ熊嵐 (1) (バーズコミックス)
ユリ熊嵐 (1) (バーズコミックス)
ユリ熊嵐 公式スターティングガイド
ユリ熊嵐 公式スターティングガイド