55

菊比古覚醒

1
3
9
13
16
20
23
31
33
34
36
40
44
47
49
59
65
73
80
84
88

34:名無しさん:2016/02/12(金) 03:39:48.35 ID:HV4pN8sr.net

石田の声って艶があるなあ
女形みたいな色気があるね


77

41:名無しさん:2016/02/12(金) 03:40:06.06 ID:JqNvdpEs.net

これだけ毎回聞いてると、石田さんが落語やってるところも見てみたくなる

49:名無しさん:2016/02/12(金) 03:40:33.07 ID:1xIuaVJ6.net

笑わせるというより聞き入らせる感じなのか

78:名無しさん:2016/02/12(金) 03:41:09.94 ID:b8aLSqVk.net

落語確かに以前と全然違うな

111:名無しさん:2016/02/12(金) 03:41:41.77 ID:zB1A3+8h.net

山ちゃんも石田も凄いな

128:名無しさん:2016/02/12(金) 03:41:56.75 ID:qJwoeeoI.net

おわった さてここからどう修羅場になるのか

141:名無しさん:2016/02/12(金) 03:42:08.74 ID:b8aLSqVk.net

やっと行くべき道が見えて吹っ切れたか(´・ω・`)

90

150:名無しさん:2016/02/12(金) 03:42:20.69 ID:h+k2STuE.net

まあ、本当はこれ前半だから、きっちりオチてないよね>品川心中

178:名無しさん:2016/02/12(金) 03:43:12.99 ID:HV4pN8sr.net

>>150
幽霊のふりして復讐するんだっけか


805:名無しさん:2016/02/12(金) 04:46:49.94 ID:lZJrFQnQ.net

心中の話の落ちがよく分からんかった

87

816:名無しさん:2016/02/12(金) 09:10:53.01 ID:/y7AjPts.net

>>805 
最後のダジャレが苦しいからねえ 
掛けられた二つの言葉自体今じゃあまり使われない言葉だし(釣り好きは使うのかもしれんけど)


808:名無しさん:2016/02/12(金) 05:39:49.00 ID:KfXWRSBT.net

>>805 
品川心中のオチはあまり良くないからね 
噺家によっては最後までやらずに、心中相手が海から這い出した所で 
ぶった切って終わりにするパターンもあるし

品川心中

品川の女郎「お染」は、行事の金が出来ないために下の女から馬鹿にされるので、死ぬことを決断する。1人で死ぬのは嫌なので誰か道連れをつくることを考える。なじみの客から道連れを選び、少々ぼんやりしている貸本屋の金蔵と一緒に死ぬことに決める。早速金蔵を呼び出したお染は無理やり金蔵に心中を承知させる。
翌日の晩、いざ心中という時にカミソリで首を斬るのを金蔵が嫌がるので、外の桟橋から身投げをすることにする。桟橋でなかなか飛び込もうとしない金蔵をお染が突き落とし、自分も飛び込もうとしたところに、店の若い衆が「金が出来た」という知らせを伝えに来る。お染は死ぬのが馬鹿馬鹿しくなって店へ戻ってしまう。
遠浅だったため死にそびれた金蔵は親方のところへ行くが、親方の家では博打をしており、戸を叩く音で「役人だ」と早合点して全員大騒ぎ。尋ねてきたのが金蔵と分かり安心するが、1人びくともしない者がいた。その者を褒めると「いやとっくに腰が抜けております」。
 
翌朝、金蔵が親方に経緯を話し、怒った親方は金蔵とともに、お染への仕返しを考える。
金蔵は、お染を尋ねていき、部屋で「白い団子が食いてえ」などと、気味の悪い話をする。しばらくして、お染を訪ねて来た人があると店の者が呼びに来る。出て行くと、親方と金蔵の弟という二人連れが来ており、金蔵の通夜に来てもらいたい、という。
驚いたお染が、そんなはずはない、と、親方を連れて部屋に戻ると金蔵の姿はなく、蒲団に金蔵の位牌が入っている。親方は金蔵が化けて出た、このままではお前は取り殺される、頭を丸めたほうがいい、と脅し、お染の髪を剃ってしまう。そこに金蔵が現れる。悔しがるお染に「お前があんまり客を釣るから、魚篭(びく)(比丘尼【尼さんのこと】)にされたんだ」。
170:名無しさん:2016/02/12(金) 03:43:03.83 ID:KQWypS2v.net

自分の落語を掴めたのかよかったな
これはもう最後までハッピーエンドで進むな!


167:名無しさん:2016/02/12(金) 03:42:55.80 ID:qJwoeeoI.net

血で血をあらう展開にしかみえないカット

100

266:名無しさん:2016/02/12(金) 03:45:04.79 ID:qJwoeeoI.net

いしだを取り合っての修羅場だ

189:名無しさん:2016/02/12(金) 03:43:27.66 ID:DK0OSQ9K.net

落語面白くなって女に見向きもしないという、よくあるパターンかな

274:名無しさん:2016/02/12(金) 03:45:17.67 ID:5cXdo8VQ.net

落語に尺を割くと話は進まないし、落語に尺を割かないと魅力も半減だし
大変だわな


291:名無しさん:2016/02/12(金) 03:45:41.68 ID:jTTuF28u.net

ていうか劇中でどれぐらい時が進んでるのかさっぱりわからん。戦後からどれくらい経ったんだ

328:名無しさん:2016/02/12(金) 03:48:29.19 ID:Wq92MGo2.net

>>291
前回ゴジラが上映していたから昭和29年


358:名無しさん:2016/02/12(金) 03:52:31.87 ID:FDWVrFSU.net

>>328
いや、前回どう考えても昭和35年としか思えない映画の看板があったから
風景からの推定は当てにならんぞ


370:名無しさん:2016/02/12(金) 03:56:42.98 ID:Liz+2I2C.net

>>328
セミラだから・・・



378:名無しさん:2016/02/12(金) 04:00:35.17 ID:m+abbzAV.net

>>370
この時代の映画詳しくないから、どれの元ネタが何なのかさっぱりわからんw
それっぽい、スパイ大作戦で調べたら1968年って出たが、どこまで作中と一致させてるかはよくわからんな


299:名無しさん:2016/02/12(金) 03:46:06.05 ID:wRmOr6g1.net

これからどうにかなるのか
みゆきちを取り合うわけでもなかろうし


307:名無しさん:2016/02/12(金) 03:46:36.62 ID:UWWZ7nA0.net

てっきり石田と女が山ちゃん取り合うのかと思ったら
林原と山ちゃんが石田を取り合うのか


355:名無しさん:2016/02/12(金) 03:51:41.42 ID:wRmOr6g1.net

>>307
そっちかwww
石田にその気がなかったら成り立たねえじゃねえかwww


794:名無しさん:2016/02/12(金) 03:44:07.64 ID:1+wff+4o.net

今日はよかったな

795:名無しさん:2016/02/12(金) 03:46:05.85 ID:2qfwquBp.net

菊比古のエ○ス漲る落語

72

800:名無しさん:2016/02/12(金) 03:54:28.66 ID:uaSEnjQ1.net

暗中模索だった菊比古が目的と芸風を掴んで
これから快進撃始まるのか?

現代と違って好きだからって自分で始めたんじゃないもんな


812:名無しさん:2016/02/12(金) 07:24:51.96 ID:WQWcIpgQ.net

背景も美しかったなー
橋のシーンとかため息出た


824:名無しさん:2016/02/12(金) 12:24:49.39 ID:EMR6IMZG.net

ここの背景凄かったわ。汚れた感じとか昔の空気感が伝わってくる。



806:名無しさん:2016/02/12(金) 05:17:29.23 ID:Wu5WvWPw.net

与太郎の出来心もそうだが、覚醒回は緊張感あっていいな

811:名無しさん:2016/02/12(金) 06:40:13.38 ID:WQWcIpgQ.net

原作以上に、八雲の成長物語になってるな
自分の落語を見つける過程が、すごい丁寧
ここからドロドロしてくるのかな~


http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1454737119

前回の芝居をきっかけに今回で自分の落語を掴んだ菊比古カッコイイ回だった
お客のための助六とは対照的に自分のための落語と気付く菊比古がまた良い
そこに至る過程も心情描写や回想を入れつつしっかり丁寧にやってくれた印象
色っぽさのある石田さんボイスが相変わらず凄い
ここから目覚めた菊比古が急成長するのかな
品川心中を聞いてる時のみよ吉の意味深な表情とか次回予告の修羅場っぽい感じとか徐々に1話の現在に繋がる出来事が起こってくるのかな

「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一
「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一