00095

助六の遺伝子濃すぎる…

00003
00007
00012
00014
00018
00022
00023
00029
00032
00033
00039
00049
00058
00062
00065
00069
00078
00083
00085
00094
00096
823:名無しさん:2016/03/12(土) 10:31:53.49 ID:Wq/0zaJ9r.net
00014

八雲師匠の子別れ泣けた…

菊さんの死神怖かった…
843:名無しさん:2016/03/12(土) 12:35:19.44 ID:W85nVyqe0.net
師匠の子別れすげー良かったんだけど。
782:名無しさん:2016/03/12(土) 04:40:35.28 ID:aXIYPV9aK.net
方言指導愛生なんだな
773:名無しさん:2016/03/12(土) 03:03:55.95 ID:2DWpo57U0.net
八雲師匠が過去話の途中、もしかして・・・
と思ったらやっぱりライバルが先代助六だったんだな
よく師匠は長い間そのことを話さずに居られたな
先代の助六は破門されたわけじゃないし、他のお偉方からも認められてたみたいだから
名前こそ継げなくても落語家としてやっていくってのは無理だったのかな?
やっぱボンボンに無理矢理継がれて屈辱でやってられなかったのか
774:名無しさん:2016/03/12(土) 03:14:36.50 ID:7FZGK//V0.net
・先々代八雲の元に家中八雲と先代助六
・先代八雲の元に石田八雲と山寺助六
現代は石田八雲の元に助六娘の小夏と、どことなく山寺助六を思わせる関与太郎

抱えてるものは石田八雲が一番重たいんじゃないだろか?
自分含めて二代にわたる因縁を見てるから今後どうするのか気になる
1話だかで「おめーら見てると気分悪い」とか面と向かって言ってた割に受け入れてはいたけど
789:名無しさん:2016/03/12(土) 05:45:47.13 ID:xQ1vdaIq0.net
第10話観ました。
師匠もいろいろ抱えてたんだな。
助六の行い全てに初代助六の恨みを感じざるを得なかったのか
菊が八雲継いでくれないまま逝ってしまわれた……

あの弟子入りに来た子は師匠の弟子を希望して
「私はもう年だから菊なら」って言葉を引き出せば勝ちだったか。でもそんな風にはいかないか。

小夏が助六に生き写しでワラタ みよ吉の遺伝子頑張れよw
ああやって小さい女の子が落語を自在に操ったらご老人にモテモテだろうな
現代でも子役事務所に入れる前に選択肢として落語家に弟子入りって有りかもね
792:名無しさん:2016/03/12(土) 05:59:57.81 ID:AOrQy6JX0.net
むしろ大汗かいてる菊は、師匠に呼ばれたのかとw

先週の助六の愚痴や今週の師匠の吐露が突然の気もしたから、
もっと前から助六への複雑な感情の伏線があったらよかった。
868:名無しさん:2016/03/12(土) 14:20:17.57 ID:diV5aApu0.net
>>792
助六って呼んでくれって言われても頑なに呼ばなかったのが一応伏線なんじゃね
795:名無しさん:2016/03/12(土) 06:52:07.30 ID:YzRoYOQmK.net
今週師匠アンチ回だと聞いた気がするが別にならねーな
師匠が二代目助六までいじめて稽古もつけず一方的に追い出したとかならアンチに回るが
出来ることはなるべくやってやろうとして結局失敗したのは堪えだたろう

この物語の人物は皆どこかしら欠けている
手軽なカタルシスはないがそこに人間的な味わいがあるな
797:名無しさん:2016/03/12(土) 07:07:03.54 ID:JDcTOTqi0.net
師匠が一番ゲスかったのは女将さんが死んだすぐ後にみよきちのこと言い出したところだろ
800:名無しさん:2016/03/12(土) 07:24:01.38 ID:tOwB1GaZK.net
師匠召されたか・・・
菊比古にとってみよ吉とのことも師匠の死も全て芸の肥やしとなるんだろうか
人生すなわち落語ってか
804:名無しさん:2016/03/12(土) 08:41:54.08 ID:HxUfTMEzM.net
00060

親が死んで完成する芸とはなんともまぁ
そして松田さんも去り
一人になったからこそモノにした自分の芸か
805:名無しさん:2016/03/12(土) 09:10:38.16 ID:SjyrcHewd.net
00034

師匠の過去話で鳥肌立った
808:名無しさん:2016/03/12(土) 09:25:17.79 ID:mS3DhulA0.net
「この金槌はおとっつぁんの拳骨だよ!おとっつぁんが叱ってるのと、おんなじ事なんだよ!」

ここの家中師匠凄かったなぁ
客の婆さんが感情移入して泣くのも無理ないわ
830:名無しさん:2016/03/12(土) 11:22:36.52 ID:58uUgibS0.net
こんかいは師匠にすごく感情移入して泣けた。自分が拾った初太がライバルで卑怯な手段で追い出した助六の弟子だった
って、その身寄りのないガキをずっと育てたんだし、戦場に連れて行って一緒に苦労もしただろうにねえ。
まさに愛憎入り乱れた感情なんだろうな。この話を見た後に先週の放送を見ると、単に自分の落語を否定されて怒った、ってだけじゃないことがわかってよけいに切ない。
834:名無しさん:2016/03/12(土) 11:39:02.67 ID:pbZOoHlk0.net
>>830
落語が生き写しだって言ってたから最初に出会った時から分かってたのでは
838:名無しさん:2016/03/12(土) 12:17:11.29 ID:xHJnqWPBa.net
>>834
 それもわかった上で何も言わず引き取ったんだから、いろんな感情が入り乱れるさ。
851:名無しさん:2016/03/12(土) 13:15:50.04 ID:uIkzmZiqK.net
菊さんが八代目になれば兄弟分として助六を戻してやることは可能だよね?
師匠の顔に泥を塗る行為かもしれないけど、まぁ生前の師匠の行いを考えたらそれくらいは許されるんじゃね
852:名無しさん:2016/03/12(土) 13:25:01.26 ID:7xp5rTRE0.net
あそこまで切れたのは過去の行いを追い出した相手の弟子に言われたからか
そんな事情は助六にはわかんねーだろうし色々と不憫だな
858:名無しさん:2016/03/12(土) 13:51:02.10 ID:z/Q+enBR0.net
菊は師匠が倒れた後も舞台続行したんだろうか?
「身内の不幸でもお客様には関係ないこと」とかで、
860:名無しさん:2016/03/12(土) 13:54:28.95 ID:E0zd+sq00.net
親子会だからな どうなんだろうな?
870:名無しさん:2016/03/12(土) 14:23:17.18 ID:dF7mCTjX0.net
>>860
あの日なら師匠がトリだから客には何の影響もない。
ただ会を開いてくれた主催者へは師匠が倒れたって打ち上げをキャンセルしたと思う。
815:名無しさん:2016/03/12(土) 10:11:53.46 ID:tVBSinQ/0.net
00087

小林ゆうの落語、こまっしゃくれた子供の生意気さが出てて笑ったw
重い雰囲気の回だったから、最後にちょっと和めて良かった
826:名無しさん:2016/03/12(土) 10:44:16.53 ID:6fGtRaVb0.net
小夏があれだけ喋れてるんだから5歳くらい?
6年も落語から離れて逃亡生活か
次回予告見てると普通に諭され落語に戻りそうなのに
未来が分かってると切ないな
831:名無しさん:2016/03/12(土) 11:25:45.82 ID:oBelyMRQ0.net
小夏がやってた「野ざらし」は助六が入門させろ!って来たときにもやってたんだよね
死神なんかもそうだけど、一度作中に出た噺を、演者やシチュエーションを変えて繰り返されると
こう、色々感慨深いんよね
原作で与太郎時代に戻ってからも「あーこれ!あの時の!」みたいなんあるから
2期やって欲しいけど難しいのかなー
818:名無しさん:2016/03/12(土) 10:21:04.40 ID:E0zd+sq00.net
00041

松田さん辞めちゃったけど
一話で与太が弟子入りするときに話しかける運転手は松田さんじゃなかったのか?
820:名無しさん:2016/03/12(土) 10:24:23.13 ID:F+lFAxY10.net
>>818
奥さんの看病のために辞めたんだから、その理由が無くなれば復職する事もあるだろう。
865:名無しさん:2016/03/12(土) 14:09:19.79 ID:Hma8CpCp0.net
今回見てると松田さんいるのって救いだよなあと思った
松田さんいなかったらほんと1人だし
しかし長生きすぎるな松田さん
876:名無しさん:2016/03/12(土) 14:44:15.52 ID:E0zd+sq00.net
>>865
なるほどな
なんで松田さんは何で一時的にいなくなることにしたのかと思ったら
高座に上がる前の正真正銘の一人になった云々のつぶやきに重みをもたせるためなのか
824:名無しさん:2016/03/12(土) 10:39:30.70 ID:q147k1dp0.net
松田さん幾つなんだよ!
848:名無しさん:2016/03/12(土) 13:00:38.98 ID:hUTvMcyE0.net
00102

次回予告で菊が助六バッグで殴ってるシーン見て
笑うと同時になんか安心したわw
849:名無しさん:2016/03/12(土) 13:06:34.96 ID:mS3DhulA0.net
俺もなんだかホッとしたわ
しかし最後の煙草吸ってるみよ吉が暗い影を落とす…
861:名無しさん:2016/03/12(土) 13:56:11.40 ID:OLdeiJpr0.net
次回予告のナレーションがみよ吉だったの
不意打ちすぎてどきっとしたわ
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1457135890

昭和元禄落語心中 第10話の感想

どんどん作品内の時間も過ぎていくなあ
師匠がとうとう亡くなってしまったか…師匠の最後の落語も良かったわ
親子がテーマの落語っていうのがまたね…
薄々気付いてたけどやっぱり師匠は初代助六を知ってたんだな
思っていた以上に因縁があったけど
その助六に落語を教わった子供が弟子になるとかこれまでの師匠の心情を思うと色々と感慨深いな
間違ったこともしてきたかもしれないけど師匠の言葉が人間臭さ溢れててすごい良かったわ
菊さんの返しも含めて
孤独になった菊さんの死神もすごい良かった
いろいろ言ってたけどそれでも助六とみよ吉を探しに行くあたり優しいというか甘いというか そこがいいんだけど
それにしても小夏…助六の遺伝子濃すぎてひと目でわかるね… 


「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一
「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一